« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月 7日 (火)

始動

久しぶりのアップですね。
ということで、2006年も始動しました!!
っていうかだいぶ前から始動してました。

ここのところ、相方にデモテを渡し、
二人でアレンジを考えて、楽曲制作に取り組んでいます。
とりあえず2曲はメドが立ってるんだけど。

どこから話せばいいのかな。
うーんと、まず新しい音源を配信しました。
聞いたことある人もいるとごく少数いると思うんですが。
一人で路上やったときとかに、ちょっと歌ってました。
で、現在進行中で、これを二人でアレンジしてやってます。

がしかし…
二人で「友へ」以来の大苦戦を予想し、
一曲をつくることのしんどさを感じています。

そんなわけで、二人で録ったやつは、
いくらデモ音源と言えど皆さんにお聞かせできるものではない、
と判断し、配信は見送ることにしました。

でまぁ諸事情により俺が2月後半まで水戸で活動できない状態になるので、
せめて一曲ぐらい配信できないものかと思い、
一人でやったヴァージョンを配信してみたというわけです。
声が裏返ってるような気がしないでもないですけどね……

当然、一人でやるのと二人でやるのでは違ってくるわけで、
いずれは二人でやったヴァージョンも(多分)配信しますので、
そのときを期待しておいてくだされば幸いですね。
二人でやったときの変わりぶりを逆に聞いてほしいなと思います。
全国の尚志ファンのみなさま、申し訳ございません(笑)


あと、新しい試みとして、各曲に自分なりに解説を加えてみました。
解説を見てもう一回聞いてもらえば、多少聞こえ方は違うのではないかと思います。
解説を見て逆に嫌いになったというのが無いように祈るのみ。。。

後々、尚志のコメントも載せてこうと思っています。
やっぱり一緒にやってても曲に対する捉え方等は少なからず違うだろうし。


ちなみに、あまり曲に対して先入観を持たないでいただきたいので、
新しく配信した曲に関してはとりあえず解説は付けておりません。
なお、タイトルは仮です。


ではでは。
次は月末になるかもしれませんが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wedding song

右クリックで「Wedding song」をダウンロード

kotoba/斉藤シラベ     music/斉藤シラベ

伝えたいことは山ほどあるのに、
うまく言葉にならないよ。
僕は不器用だし君も不器用だから、
使い古された言葉は全部捨てて、
感じるままに向き合えたらいいね。

絶対幸せにしてあげるなんて、そんな言葉は言えないけど、
ずっと君の傍にいるよ。

君の仕草の一つ一つがいつまでも僕をときめかせるなら、
小さな君の手を強く握りしめよう。
温かいぬくもりが僕の胸に。

君に贈った花束もいつかは枯れてしまうけど、
僕がずっと君の傍にいるよ。

真っ白なキャンパスを二人で染め上げていこう。
君の好きな赤が似合う背景は僕が描きたしていくから。

君の仕草の一つ一つがいつまでも僕をときめかせるなら、
小さな君の手を強く握りしめよう。
温かいぬくもりが…

僕の声が、僕の体が、僕の心が、
いつまでも君の隣に。

解説:

未だに二人のヴァージョンは録れてません。っていうか当分録れそうにありません。ごめんなさい。

知り合いに結婚式の余興を頼まれたときに、オリジナルで結婚式っぽい歌を作ろうと思ったのが、制作のきっかけです。ですが言葉に関しては、結婚する第三者に贈るというよりは、結婚する男性が、パートナーに贈るというテーマで書いています。結婚するときってどんな心境なんだろうなぁっていうのを、結婚したことのない自分の目線で捉えてみたわけです。HISA4LABeで歌わせていただいている『永遠にともに』も同じ視点から書かれた言葉だと思いますが、捉え方が当然異なりますね。

俺の場合は、死ぬまでこの人を愛し続けたい、という気持ちを強く抱いたことがないので、結婚するってなってもそうなんじゃないかなぁと思ってしまって。永遠というものに対する自信がないわけです。だから、「絶対幸せにしてあげるなんて そんな言葉は言えないけど」とかいうフレーズが出るわけですね。サビでも「君の仕草の一つ一つが いつまでも僕をときめかせるなら」と、ちょっと他力本願ではないですが、条件付きにしちゃってる。俺も自信はないけどアンタががんばってくれるんなら、という感じですかね。ちなみにそのサビの頭のフレーズは自分では一番気に入ってるところです。また、結婚というのは「二人がこれから家庭という新しいものを作っていく」、というイメージが強いので、「真っ白なキャンパスを…」という言葉を使ってみました。なんだかありきたりな言葉で、あんまり使いたくはなかったんですが。ちなみに最初は、アンタががんばってくれるんなら、というニュアンスですが、サビの2回目では「君の好きな赤が似合う 背景は僕が描きたしていくから」という風にしてます。ちょっとした対比です。

配信してる音源ではやってないんですが、二人でやるときは、初めて転調という技(?)を使ってます。転調ってかっこいいですよね。盛り上げていくところで上手くハマると、鳥肌が立つような。一度やってみたかったんです。 Aメロは正直低くて歌いづらいです。そして転調後のサビは俺にしてはちょっと高くてしんどいです。

歌うときは、ものすごく感情を込めて歌える曲ですね。上手く歌おうというより、伝えようとか届けようという意識で歌えてる気がします。ただ、前述の通りAメロを低くしすぎたので、路上でマイク無しでやるにはちょっと厳しいです。ちなみにライブでも何度かやらせていただいてて、いい曲だねって言ってくれる人が多いので、嬉しい限りです。自分の中でも『僕の唄…』を抜きつつあるような。

前にも書きましたが、先入観なしで聴いてもらえるのが一番なのですが、あえて解説を書いています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »